お客様の声

令和二年大相撲秋場所。11日目が終わって、2敗が4人。そして3敗が3人。

 8勝2敗同士の東前頭14枚目翔猿vs東前頭9枚目阿武咲は、いなしてからの突き落としで阿武咲に気合で勝り、翔猿の勝利!

 同じく8勝2敗の幕内3場所目の西前頭8枚目若隆景vs東前頭11枚目千代大龍の一戦は、若隆景の押し出しで勝利!これで今日の12日目は、2敗同士の翔猿vs若隆景戦となり、非常に楽しみです。

 同じく2敗の東の関脇、今場所優勝期待の正代は、元大関高安を押し倒しの完勝!素晴らしい!

 そして、同じく2敗の西大関貴景勝は、西前頭5枚目の宝富士とあたりました。難なく押し出して勝ったものの、俵に落ちた時に首か肩に異変が生じたらしく、右肩を痙攣させるような動きをさせ、すぐには立ち上がることができませんでした....とても心配な終わり方でした。。。

 3敗で2敗勢を追う、今場所2度も不戦勝で身体を休めて有利になったのか、相撲勘が鈍くなってしまわないかと、本人しかわかりませんが、東の大関朝乃山。結びの一番で東の小結、隠岐の海と対戦となりました。結果は、心配することは全くありませんでした!上手投げであっという間に投げ捨てての勝利!朝乃山の投げ技は、いつ見ても気持ちが良い!

これで11日目が終わって、2敗が東前頭14枚目翔猿と西前頭8枚目若隆景、東関脇正代に西大関貴景勝の4人。そして3敗が、東大関朝乃山と東前頭筆頭の照ノ富士に西前頭9枚目の阿武咲の3人となりました。それにしても御嶽海と照ノ富士が、怖い存在ですね....

投稿日:

-本部代表ブログ

2020年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930