Notice: Use of undefined constant スマホメニュー - assumed 'スマホメニュー' in /home/craceed/craceed.com/public_html/wp-content/themes/original/header.php on line 45

お客様の声

「老後に必要な資金は2,000万円」の衝撃!

「本業に支障が出るくらいなら、副業などしなければいい!!」....。

 

中には、そのように考えている人もいるかもしれません。

 

ただ現状は、そうも言っていられない状況になりつつあります。

 

 

なぜなら、私たちの老後はすでに、脅かされつつあるためです。

「老後に必要な資金は2,000万円」の衝撃!

 

私達の老後に大きな疑念を生じさせた「2,000万円問題」について、ここで触れておきましょう。

その問題の前提となっているのは、「人生100年時代」という概念です。

「老後に必要な資金は2,000万円」の衝撃!

 日本の将来を考えると、できるだけ早い段階から、老後に必要な資産形成を行わなければならないことは間違いありません。そのため、多くの人が副業に励んでいる背景には、人生100年時代への期待と不安があるとも考えられます。

「老後に必要な資金は2,000万円」の衝撃!

 人生100年時代とは、ロンドン・ビジネス・スクールの教授であるリンダ・グラットン氏が、著書『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』で提唱している概念です。その名のとおり、100歳まで生きることを前提にしたものです。

「老後に必要な資金は2,000万円」の衝撃!

 具体的なその中身としては、先進国を中心に寿命が100歳を超える人が増える未来を見越し、これまでと異なる人生設計が必要であると説いています。また、人生100年時代構想会議の中間報告では、次のようなポイントが挙げられています。

「老後に必要な資金は2,000万円」の衝撃!

・ある海外の研究では、2007年に日本で生まれた子供の半数が107歳より長く生きると推計されており、日本は健康寿命が世界一の長寿社会を迎えています。

・100年という長い期間をより充実したものにするためには、幼児教育から小・中・高等学校教育、大学教育、更には社会人の学び直しに至るまで、生涯にわたる学習が重要です。

・人生100年時代に、高齢者から若者まで、全ての国民に活躍の場があり、全ての人が元気に活躍し続けられる社会、安心して暮らすことのできる社会をつくることが重要な課題となっています。

 こうした現状を踏まえた上で、金融審議会の市場ワーキング・グループは、2019年6月、「高齢社会における資産形成・管理」という報告書を発表しました。しかも政府は、この報告書を受け取らないと宣言したのです。

「老後に必要な資金は2,000万円」の衝撃!

 なぜ政府は、この報告書を受け取らないと判断したのでしょうか??

実はこの報告書には、いわゆる「2,000万円問題」と呼ばれていることからも明らかなように、「老後の生活に不足する金額は2,000万円にもなる」と記されていたのです。

「老後に必要な資金は2,000万円」の衝撃!

 具体的には、次のような記述です。

「夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職の世帯では毎月の不足額の平均は約5万円であり、まだ20~30年の人生があるとすれ ば、不足額の総額は単純計算で1,300万円〜2,000万円になる。」

 もちろん、この試算はあくまでも平均的な水準のものです。

個々人の収入や支出、ライフスタイルによって違いがあることは、報告書にも書かれています。しかし、不足額に着目して大々的に報じたメディアによって、政府の失策が強調されることとなりました。

「老後に必要な資金は2,000万円」の衝撃!

 政府の失策とは、これまで日本人の老後を支えてきた、公的年金システムのことを指しています。政府は年金に関して「100年安心」という言葉を使っており、それが年金だけで老後は暮らせるという誤解を生み、批判の対象となったわけです。

「老後に必要な資金は2,000万円」の衝撃!

 しかも、金融庁が発表している別の報告書(「事務局説明資料」2019年4月12日)では、退職後に必要となる資産形成額を1,500万円〜3,000万円と見積もっており、市場ワーキング・グループの報告書より最大1,000万円も多くなっています。

 こうした報告書の内容からもわかるように、これから先、収入の問題は誰もが当事者になる可能性があります。

副業への意識の高まりは、避けられそうもありません。

投稿日:

-新着情報

関連記事

ポスティングのコツ【住民とすれ違ったらサービス名を伝えて挨拶を】

 ポスティングは、チラシの投函方法だけ注意していればいいわけではありません!    より反響を高め、投函先企業のイメージアップにもつなげるためには、ポスティングをしている本人の対応も重要とな …

ベンチャー起業するよりポスティング

ベンチャー起業するよりポスティング

 ポスティングビジネスは、若い人が行う事業としても向いています。収益を生めるかどうかわからないベンチャー企業を起こすより、まず、ポスティングビジネスでしっかり稼いでみてはいかがでしょうか? &nbsp …

3年と3ヶ月17日ぶりにクラシード長崎の林田社長との会食!

3年と3ヶ月17日ぶりにクラシード長崎の林田社長との会食!

2017年3月4日、研修時にお会いしたのを最後に電話のみでの会話でしたが、やっと、ようやく、クラシード長崎の林田社長(ここからは親しみを兼ねていつも通りの『さん付け』で呼ばせていただきます)と再会を果 …

新規事業としてのポスティングビジネスを考察する

ドアポストと集合ポスト。ポスティングの反響は〇倍も違います。

 クライアント様からも加盟店様からも良く聞かれることですが、アパートやマンションなどにポスティングする時に「集合ポスト」か「ドアポスト」なのか? こちらは一発回答します。 「ドアポスト」です。 ポスト …

チラシを配布するポスティングスタッフってどんな人?

【徹底比較!】新聞折込とポスティングどっちがいいの?【おすすめは?】

「広告を出そうと思っているけど新聞折込とポスティングどっちがいいんだろう…?」 「費用対効果が高いのはどっち…?」   現代ではインターネット広告、 SNS広告、新聞折込、ポスティングなどた …

2020年3月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031