お客様の声

W杯ロシア大会日本代表メンバー23人を発表から💡

昨日、2018年5月31日に今年の6月14日開幕のワールドカップロシア大会に出場する日本代表メンバー23人を発表💡

 

ハリルホジッチ監督の電撃的な解任騒動から西野朗監督(63)が就任したのは、今年の4月12日。

 

本大会まで残り2カ月あまりの有り得ないタイミングでの監督交代に激震が走ったことは周知のこと。

 

メンバーは、本田・香川・岡崎の「ビッグ3」を選出💡

 

NOサプライズでのプラスで受け取れば、経験重視のチーム。

 

穿ってみてみれば、年功序列型の純日本的な選出とも捉えられます。

平均年齢も大会開幕時で、過去最高の28.3歳がエビデンスとなっています💡

 

正直、最終メンバー発表までたったの1試合(ガーナ戦)だけでしたので、

 

西野監督は、このメンバーを選ばずに得なかったというのが本音でしょうし、

 

選考にあたっては、大きなギャンブルに打って出れなかった証左ですし、

 

ある意味正しい判断だったかなとも思えます🌺

ただガーナ戦のような前半で見せた3バック(3-4-2-1)などという古臭いシステムを使うのであれば、

 

W杯グループステージで全敗(初出場の1998年フランス大会以来2度目)も大いにあり得る公算大。

 

何らジャイアントキリングは起こらず、6月28日のポーランド戦後に即刻帰国…という結果になることでしょう💡

 

 

是非、西野監督には、6月9日のスイス戦(国際親善試合)と12日のパラグアイ戦(国際親善試合)で、

 

中盤フラット型(4-4-2)で布陣して、「ショートカウンター」を目指していただきたいものです🌻

 

「ポゼッションサッカー」は標榜するならば、選手の個の力(伸びしろ)を今より3段階ほど上げなければならないですし、

 

正直その可能性は低いことが、平均年齢過去最高という選択がそれを不可能としている要因ですので、西野監督もわかっているはず🌻

 

この2試合で日本代表のシステムがどう変わるのか、とても興味深いものとなりました。

 

ただ、相手(コロンビア・セネガル・ポーランド)も当然チェックしてきますので、

 

あえて策を隠す戦略もありです💡

クラシード

いずれにしても日本代表の6度目のワールドカップへの期待度が、

 

現在では史上最低のものになっていることには間違いありません。

 

本大会は、ドイツサッカーに魅了されるとしましょう🌺

投稿日:

-本部代表ブログ

関連記事

クラシード

侍Japanもポスティングも完全アウェー

それにしても今日の伊勢崎は、風が強い...。   ポスティングするにあたっては完全アウェー...。   スーパーカブプロ50に乗車して、   伊勢崎や前橋、桐生に向かった …

クラシード

ノーマルタイヤで出発💡

今朝は、マイナス1℃とかなりの寒さ...💦   今日は、11月9日以来の宇都宮へ🚙💨💨   宇都宮は、渋川市よりも若 …

第100回全国高等学校野球選手権記念大会:宮城

第100回全国高等学校野球選手権記念大会:宮城県代表【仙台育英】

第100回全国高等学校野球選手権記念大会の宮城大会は、     仙台育英が7―0で古川工を破り、2年連続27回目の甲子園出場💡  

no image

ポスティングの【見える化】💡

季節外れの大寒波により、   寒い事務所で朝からパスタで気合を入れて、   昨日の配布実績を【日報】というカタチにして作成💡 毎日のことですが、   お蔭 …

クラシード

JRも東武鉄道も

昨日の午後は、強風に悩まされた群馬県…。   JRも東武鉄道も運転遅延や運転休止に追いやられておりました💦   そして今朝は、昨日の風が嘘のように止み、 …